Google アドセンスでアルコールを扱う場合の注意点【最新版】

Google アドセンスでアルコールを扱う場合の注意点【最新版】

Google アドセンスを掲載しているブログを運営しているとアルコールの扱いに悩む場合がありますね。果たしてアルコール関連の記事を書いたりビールの写真を貼っても良いのか迷ってしまいます。

グルメ関係のブログでは避けて通れないのが居酒屋の紹介記事ですね。「まずはビールで乾杯!」などの記事を書きたいのですが、正直アドセンスのポリシーに違反していないか心配になります。

外部リンク AdSense コンテンツ ポリシー

Google アドセンスでは様々な禁止コンテンツがあり、サイトの運営にはポリシーを厳守しなければなりません。ポリシーに違反した場合にはサイトに広告が表示されなくなったり、最悪の場合はアカウント停止になってしまいます。そうならないためにもアドセンスの禁止コンテンツを理解しておかなければなりません。

※アルコール関連記事へのアドセンス掲載は自己責任でお願いします。

アドセンスでアルコール関連記事は全てNG?

ブログでアルコール関連の記事にGoogle アドセンスの広告を掲載するのは全てNGなのでしょうか?

ポチ
アルコール関連記事にはアドセンスは貼らない方が無難だわ!

答えはNOです。アドセンスのコンテンツポリシーでは禁止コンテンツの一覧の中にアルコールが含まれていますが、掲載OKな場合もあれば、ポリシー違反でNGの場合もあります。

ポチ
OKとNGの違いが分からない事には怖くてアドセンスは貼れないわね。

そこで、掲載が許可される場合と許可されない場合の例を挙げていきましょう。

アドセンスの掲載が許可される例

最初にアドセンスの広告の掲載が許可される例を挙げていきましょう。

  • バーやパブの店舗案内
  • アルコール飲料会社がスポンサーになっているイベントを宣伝するページ
  • アルコール関連ブランドの商品を宣伝するページ
  • アルコール飲料の製造に関連する情報を提供している、またはそれに関連する商品を販売しているページ

出典:AdSense コンテンツ ポリシー

 『バーやパブの店舗案内』はOKという事なので、居酒屋の紹介記事でビールの写真と共に「まずはビールで乾杯!」というのもOKになります。宣伝フレーズやキャッチコピーという形での利用なら良いのですが、記事内に過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争のような無責任な飲酒の奨励として捉えられる場合はポリシー違反になるので注意が必要です。

次に『アルコール飲料会社がスポンサーになっているイベントを宣伝するページ』『アルコール関連ブランドの商品を宣伝するページ』とありますが、『ビール工場に見学に行ってみた』とか『〇〇ビールを飲んでみたらマイウーだった』というような感じの記事ですね。こちらもアドセンス掲載可能です。

最後の文章が分かり難いのですが、『アルコール飲料の製造に関連する情報を提供している、またはそれに関連する商品を販売しているページ』とは、例えばビールの醸造方法を紹介している記事が該当すると思います。

 

アドセンスの掲載が許可されない例

次に、アドセンスの掲載が許可されない例を挙げていきますが、こちらは実に分かり易いですね。

  • アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒を奨励するページ

出典:AdSense コンテンツ ポリシー

『アルコール飲料をサイトから直接購入できるページ』とあるので、アルコール関連の記事にアルコール販売サイトのリンクを貼るのはNGという事になります。

ポチ
要するに、アルコール販売サイトへのリンクがアウトなのね。

次の『過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒を奨励するページ』ですが、イッキ飲みの奨励や飲み会系の記事はNGという事です。

ポチ
『お酒がすすむ』『ついつい飲みすぎてしまいます』などの表現にも気を付けいたいわね。

アドセンスってワインはOKなの?

アドセンス掲載歴が長いユーザーなどは『アドセンスはワインやシャンパンの販売はOKだよ。』と理解していると思います。確かに以前はアドセンスで『ワインやシャンパンを販売するサイト』に広告を貼るのはOKでした。しかし、いつの間にかアドセンスのポリシーが変更されて『ワインやシャンパンを販売するサイト』に広告を貼るのはNGになりました。

ポチ
ポリシーが変わったのね。

アルコールについては、アルコール度数、種類問わず全て同じポリシー水準で審査されるので、ビーでもワインでも同じになります。

ポチ
ワインもアウトね。

 

アドセンスはノンアルコールはOK?それともNG?

最後にノンアルコールビールの紹介記事に販売サイトへのリンクを貼るのはOKなのかNGなのかと言うと、答えはOKです。

ポチ
でも『アドセンス ノンアルコールビール』で検索するとNGというサイトが多かったわ。

実は今回、この記事を作成する上で、AdSenseのサポートチームにアルコール関連のポリシーについて問い合わせました。その中でノンアルコールビールに関してはポリシー上問題なしとの答えでした。

ノンアルコールビールの紹介記事の最後にノンアルコールビールの販売サイトへの
リンクを貼るという行為はポリシー違反になるのでしょうか?

上の問いに対する回答です。

ノンアルコールの場合、ポリシー上問題ございません。

 

Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイト利用時は注意が必要

ブログでアルコール関連記事を紹介している場合に、アドセンスとAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの広告を併用している場合は注意が必要です。

ポチ
!?

ブログ記事の内容に沿った広告が表示されるコンテンツマッチ型広告では、アルコールの関連の記事を公開していると意図せずにアルコールの広告が表示されてしまいます。Amazonおまかせリンクなどが該当しますね。この場合アドセンスのポリシー違反になるので注意が必要です。

ポチ
アドセンスとAmazonおまかせリンクは併用NGと…。

 

まとめ

今回は、Google アドセンスでアルコールを扱う場合の注意点を紹介しました。結論的には2点を覚えておく必要があります。

  • アルコール飲料のオンライン販売。
  • 過度の飲酒、暴飲や飲み比べ競争を好ましい行為として描写するなど、無責任な飲酒の奨励。

AdSense コンテンツ ポリシー

アルコール関連の記事にアルコールを販売するサイトへのリンクを貼ることはNG。イッキ飲みや飲酒を強要するような記事はNGという事ですね。この2点に気を付けていれば問題なくアルコール関連記事にアドセンスを貼ることが出来ますね。

ただし、アドセンスの『アルコールに関連するコンテンツ』の最後に以下の文章が掲載されています。

これらは一例にすぎず、他にも該当するケースがある可能性があります。

AdSense コンテンツ ポリシー

現在は掲載OKでもいつまたポリシーが変更されるか分かりません。なのでアルコール関連の記事にアドセンスを貼る場合は慎重に行動した方が無難ですね。もしグレーゾーンなどで掲載OKかNGか分からない場合は、AdSenseのサポートチームに問い合わせると言う手もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)