食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法やくっつかないコツとは?

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法やくっつかないコツとは?

今回も手作りパンのネタになります。

食パンの型(アルタイト)の使い始めにしておかなければならない事と、パンが型にくっつかない方法を 自分なりにマスターしたので、紹介します。

自分はかれこれ10年近く 自家製パン作りを行ってきました(途中で5.6年ほったらかし)。ホームベーカリーで材料を捏ねて、ガスオーブンで焼くだけの単純な作業です。

食パンを焼く時には型が必要になりますが、アルタイト制の食パン型の1斤用を使い続けてきました。初めは 何の知識もなかったので、新しい食パン型に油を塗って焼いていました。

ところが 焼き上がりに型から出すのに、パンが型に引っ付いて取れにくいんですね。10年経った今でも焼き上がりは引っ付きます。どうするかと言いますと、包丁を型の隙間に入れていき、引っ付いている個所を切っていきます。

パンを出した後は 型に少しパンが残ります。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

10年近くも使い続けてるのに、いい加減スパッと外れて欲しい物ですが、そういう訳にはいかないみたいですね(笑)。どうやら 使い始める時に、コツがいる様です。自分は全くその方法を取っていませんでしたので、何時まで経っても食パンが型に引っ付く訳ですね。

このままでは ストレスが溜まりますので、新しい型を買う事にしました。それと どうせならもう一回り大きい型を買ってみてはどうかとなりました。

今の型は1斤用ですが、横に細長いので 洋菓子みたいな焼き上がりになって、イマイチ食パンの感じがしないんですね。サンドイッチを作るにしても一回り小さいので、具材が挟み難いです。

そこで 一回り大きい型を購入しました。

アルタイトとは?アルミと違うの?

こちらが到着した アルタイト食パン型(フタ付) 1.5斤です。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

開封してみますと、なかなか頑丈そうな型です。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

蓋を開けてみました。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

長年使用してきた1斤の型と比べてみると

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

やはり 一回り大きいですね。このように1斤の型が すっぽりと入ってしまいます。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

「早速焼いたる!」という気持ちを抑えて、最初の手入れを行っていきます。この最初の手入れをしなければ、食パンが焼きあがった後引っ付いてしまいます。1斤の型の二の舞にならないように、ここでしっかりと最初の手入れをしていきます。

いちばん最初に空焼きをする

購入して初めて使用する前に 空焼きを行う事で、型離れや火の通りがよくなり、耐久性がアップします。

1回目の空焼き

ガスオーブンの温度を150℃にセット、20分間焼いていきます。この時 型と蓋は別々に並べていきます。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

焼き上がりの熱いうちに ゴミ・鉱油等の汚れを、乾いたタオルでふき取ります。次に サラダ油を型の内側に塗りこみます。この時、なるべく薄く塗っていくのがコツです。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

かなり汚れていますね。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

2回目の空焼き

今度はオーブンの温度を240℃に上げて 先程のサラダ油をまぶした型を15分以上焼いていきます。焼き上がりはなんだか焼け焦げた感じになりました。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

何だか汚らしくなりました。本当にこれで良かったのでしょうか?

初めてのパン焼き

さっそく空焼きした型で初めてのパンつくりに挑戦してみました。1.5斤分の小麦粉を ホームベーカリーでコネコネ、2つに分けて丸めていきます。先程の型に敷いていきますが、2つの山作ることに。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法

結論的に言いますと、見事に失敗(笑)。型にパンが見事に引っ付きました。あまりにもボロボロになったために 写真でお見せできません(笑)。

使い始めに空焼きを行ったのに何故ひっつくのか?

最初に150℃で20分空焼き。次は油を塗って240℃で25分以上焼きました。方法は間違ってないと思うのですが、何故上手くいかないのでしょうか?

とりあえず もう一度最初からの工程をやり直してみました。パンを焼く時には あらかじめ型にサラダ油を縫って焼いていきました。パンの焼き方は変わりありません。

しかし今回は驚くほどスポッとパンが抜けました。テレビでパン屋さんが 型からパンを抜き出す時に、軽くひっくり返しただけで外れる感じです。

何故こんなにも外れ方に差が出たのでしょうか?

食パンの型(アルタイト)は洗ってはいけない

そうです、食パンの型(アルタイト)は洗いはNGです。自分は最初に空焼きした後に、「おろし立てなので 洗剤で洗っておこう!」と、愚かにも型を洗剤で洗ってしまいました。

結果、焼き上がりに パンが型にひっついてボロボロ状態になりました。そこで2回目は空焼き後に洗剤等で洗わずに、キッチンペーパーで汚れをふき取っただけで使用しました。

すると型からパンがスポッと綺麗に外れました。どうやらここらへんに秘密が隠されていた様ですね。

これが空焼き後に洗わずに焼いた食パンです。綺麗に外れました。右が新しい1.5斤タイプ、左が今まで使用していた1斤タイプです。今まで約10年間近く引っ付いて来た1斤の型が、油を塗って空焼きしたことにより引っ付かなくなりました。

食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法やくっつかないコツとは?
食パンの型(アルタイト)の使い始めと空焼きの方法やくっつかないコツとは?

まとめ

今回は食パンの型(アルタイト)1.5斤を購入しました。使い始めのコツを整理しますと。

1:150℃にセットしたオーブンで20分間空焼き。
2:焼き上がり熱いうちにゴミ・鉱油等の汚れをふき取って、サラダ油を型の内側になるべく薄く塗りこむ。
3:240℃に温度を上げて15分以上空焼きする。

この後 洗ってはいけません。そのままでパンを焼いていきます。これでおそらくパンが型にひっつく事はないと思います。

もし万が一ひっついてしまったら 仕方がないですので、洗剤等で洗い流して 油を塗ってから空焼きをしてやると良いですね。