ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

前から欲しいと思っていた、取っ手のとれるティファールを手に入れました!

名前的には、インジニオ ネオブロッサム プレミアセット9 という商品です。何だかややこしい名前です(笑)。

取っ手のとれるティファールを使う事のメリットは

  • かさばらないので収納が楽
  • 冷蔵庫での保存が可能
  • そのまま器として食卓に出す事が出来る
  • オーブンに入れて調理が可能

自分的にはオーブンに入れて調理が可能な点が気に入ったので、思い切って購入する事にしました。

ティファールのインジニオ ネオを近所のショッピングセンターで購入

オーブン用に欲しいと考えていたので、フライパン1つと取っ手が1つあればOKと思っていました。しかし取っ手のとれるティファールは、たくさんの鍋がセットになっていて高額なので、購入するのをためらっていました。

たまたま近所のイオンモールに行った時に、安売りしていたのがチラッと目に入りました。値段が10,778円で残り1セットだけになっていたので、慌ててせどりスカウターで確認すると、Amazonでは12,000円くらいの値段だったので、これは安いと思い購入する事にしました。

普段はあまり安くならないイオンモールですが、自分はイオンカードを持っているので、ちょくちょく会員特典のハガキが送られて来ます。そのハガキをレジで見せれば、調理用品が10%OFFになります。結局は特売品を更に10%引きの9,700円で購入しました。

イオンカード(WAON一体型)

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

さっそく家に帰ってインジニオ ネオを開封してみました。

インジニオ ネオブロッサム プレミアセット9を開封してみる

正方形に近い箱に入っていました。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

中身を開封!こんな小さい箱に9個も入っているなんて(笑)。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

中身を取り出してみると

  • フライパン大小
  • ソースパン大小
  • バタフライガラスぶた大小
  • シールリッド大小
  • 専用取っ手

合計9個でした。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

いきなり、チラシに「無償交換対象ハンドル」というのが書かれていました。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

「下手したら交換か?」とビビりましたが、見比べてみると、どうやら無償交換対象ハンドルでは無かったです。安心しました(笑)。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

とりあえず取っ手を合体させてみました。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

少しカラカラ音が気になりますが、まあピッタリくっついてる感じですね。

インジニオ ネオのフライパンの大きさを計ってみた

今回購入したティファールのインジニオ ネオブロッサム プレミアセット9には、合計で4つのフライパンが付属していましたので、それぞれの大きさを計ってみる事にしました。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

  • フライパン大 27.6センチ(26)
  • フライパン小 23.6センチ(22)
  • ソースパン大 21.4センチ(20)
  • ソースパン小 17.4センチ(16)

この長さは、フライパンの端から端までの外径になります。カッコ内の数字は公式サイトの長さですね。これはフライパンの内径の大きさかと思われます。

いちばん小さいソースパンは、インスタントラーメンを作るのにピッタリです。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

蓋つきなので効率よく調理できます。また、シールリッドを被せれば、冷蔵庫での保存も可能になります。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

フライパンの予熱の適温を教えてくれる「お知らせマーク」も描かれていて便利ですね。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

オーブンでハンバーグを作ってみた

せっかく取っ手の取れるティファールを購入したので、早速ハンバーグを作ってオーブンで焼いてみました。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

最初にフライパンで焼いていくのは同じ工程ですね。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

取っ手を外してオーブンに投入。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

こんな感じでふっくらと焼き上がりました。美味そうですね。

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

オーブンで仕上げたハンバーグ!

ティファールのインジニオ ネオを購入してみた【取っ手のとれるティファール】

まとめ

今回、取っ手の取れるティファールのインジニオ ネオを購入して実際に使ってみた感想を述べます。メリットは冒頭でも言いましたので、デメリットを少し。

  • いちばん大きなフライパンの大きさが小さい
  • シールリッドは不要
  • スプーンが欲しかった

いちばん大きいフライパンで焼きそばを作るには、2人前は少し狭い気がしました。もう1.2センチ大きければ良かったと思います。あと、シールリッドという蓋はいらないと思いますね(笑)。その分安くしてもらいたいです。

最後は、取っ手の取れるティファールのメリットの一つ、そのまま食卓に出せるという事なので、専用のスプーンを付けてもらいたかったです。普通の金属のスプーンでおかずを取ると、テフロンが剥げそうで怖いです(笑)。