FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

ここでは、FileZilla(ファイルジラ)のダウンロード方法や使い方を初心者向けに分かりやすく解説していきたいと思います。

FileZilla(ファイルジラ)とはFTPクライアントソフト(ファイル転送ソフト)で、サーバーにファイルをダウンロードやアップロードする場合に使います。

例えばどんな時にFileZillaを使うのかと言うと、WordPressの親テーマにあるphpファイルを子テーマにコピーしたい場合や、ブログのデータをバックアップしたい場合などに使用します。その他では、ブログが突然真っ白になった場合などにもFTPソフトから修正可能になります。

これまで自分はFFFTPを使ってきましたが、データを大量にダウンロードした場合にエラーになる確率が高いんですね。エラーの個所が気になり、始めからダウンロードし直したりするのですが、時間も手間もかかります。

その点FileZillaは転送エラーが少なく、ダウンロードするスピードもFFFTPより速いです。無料で利用出来て、 WindowsだけではなくMacにも対応しているのが大きな特徴です。

FTPソフトとは?

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

WordPressでブログを運営し始めた頃は、FTPソフトとは何をする物なのだろうと思っていました。ある時、管理画面の「functions.php」を編集していると、ブログが真っ白になりました。当然、管理画面も真っ白でログインが不可能です。「やっちまったな~。」と思いながら修復方法を探していると、「FTPソフト」という存在を発見しました。

FTPソフトとは

FTP=File Transfer Protocol(ファイル・トランスファー・プロトコル)の略。インターネット上でファイルのやり取りを行うための通信プロトコル(規約)の1つ。

FTPソフトとは、サーバーからファイルをダウンロード・アップロードする際に使用する転送用ソフトウェアの事。

FTPを日本語に訳すと「ファイル転送プロトコル」です。プロトコルも何だか分かりませんね。プロトコルを簡単に説明すると、インターネットで通信を行う時の決まり事のようなものです。

FTPクライアント(ソフト)とは、レンタルサーバーのサーバーに、ファイルをアップロードしたりダウンロードしたりできるソフトウェアです。そのFTPクライアントの中で、現在最もお勧めなのは、FileZilla(ファイルジラ)です。

FileZilla(ファイルジラ)のダウンロード・インストール方法

では、FileZilla(ファイルジラ)をインストールして行きましょう。まずは、FileZilla(ファイルジラ)の公式サイトにアクセスします。

何だか英語のページが現れましたね。まずは、「Quick download links」欄の「Download FileZilla Client」をクリックします。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

自分のパソコンは、Windowsの64bitなので、このまま「Download FileZilla Client」をクリックします。他のOS(オペレーティングシステム)の場合には切り替えてダウンロード可能です。

  • Windows(32bit)
  • Mac OS X
  • Linux(64bit)
  • Linux(32bit)

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

「Please select your edition of FileZilla Client」と問われるので、「FileZilla」を選択します。ちなみに、左の「FileZilla Pro」は有料版になります。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

ダウンロードしたファイルを開き、インストールして行きます。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

「このソフトウェアをすべてのユーザーが使用できるようにしたいのか、それとも自分で使用するのかを選択してください」と問われるので、「all users」か「Only for me」を選択します。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

途中でいらないソフトウェアのインストールを進められますので、チェックを外します。

 

FileZilla(ファイルジラ)にサーバーのFTP接続情報を入力する方法

FileZillaのダウンロード・インストールが完了したのでさっそく起動させてレンタルサーバーと繋げてみましょう。今回繋げるサーバーはエックスサーバーです。

エックスサーバー

最初にエックスサーバーのFTP接続情報を入力する必要があります。FTP接続情報は、サーバー契約時に送られてくるメールに記載されていますが、メールを削除してしまった場合は、エックスサーバーのインフォパネルにログイン後、「サーバー管理」→「FTPアカウント設定」のドメインの「選択する」から「FTPソフト設定」をクリックすると記載されています。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

このFTP接続情報をFileZilla(ファイルジラ)に入力して行きます。「ファイル」→「サイトマネージャ」と進みます。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

①「新しいサイト」をクリックすると「新規サイト」が作成されるので、②任意の名前に変更しておきます。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

下記の①~⑦までを埋めていき、「接続」をクリックしましょう。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

  1. プロトコル
    FTP-ファイル転送プロトコル
  2. ホスト
    FTPサーバー(ホスト)名
  3. 暗号化
    使用可能なら明示的な FTP over TLS を使用
  4. ポート
    21(省略可能)
  5. ログオンの種類
    匿名から通常へ変更
  6. ユーザー
    ユーザー名(アカウント名)
  7. パスワード
    パスワード(サーバーパスワードと同じ値)

「不明な証明書」ダイアログが表示された場合は、「今後もこの証明書を常に信用する」にチェックを入れて「OK」ボタンをポチッと。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

これで接続完了です。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

 

FileZillaの使い方

FileZillaの基本的な画面の見方ですが、右がサーバー側で左がローカル(パソコン)側になります。サーバー側がWordPresのデータが、ローカル側にはパソコンのデスクトップにあるフォルダやファイルが表示されています。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

ここでは、ブログの親テーマにある「header.php」を子テーマにコピーしていきましょう。最初にサーバー側にあるドメイン名をクリックして奥にあるディレクトリに進んでいきます。最終的に親テーマにたどり着くので、その中にある「header.php」をパソコン側にドラッグ&ドロップします。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

このようにパソコンのデスクトップに「header.php」がダウンロードされました。このファイルを編集する場合は、テキストエディタに放り込んで編集を行いましょう。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

最後にサーバー側の子テーマに先ほどの「header.php」をアップロードすればOKです。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

例えば、何らかのプラグインをインストールしたらブログが真っ白になった場合などは、ダッシュボードからでは復旧は不可能ですが、FTPソフトを使うことで原因のあるプラグインを削除できるので復旧が可能になります。

ポチ
WordPresを運営する上で必要不可欠なツールね。

まとめ

エックスサーバーにFTPソフトのFileZilla(ファイルジラ)を使って接続しましたが、最初に設定を済ませておけば、次回からはクリック1つで起動できます。しかし、FileZilla(ファイルジラ)はFFFTPと比べても起動が速いですね。

試しにfooter.phpをローカルにダウンロードしてみました。右がサーバー側で、左がパソコンのデスクトップです。右から左に移動させるだけなので、超簡単でした。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

FFFTPでは、ブログのデータを丸々ダウンロードすると、頻繁にエラーが起こりましたが、FileZilla(ファイルジラ)ではエラー等なしにスムーズにデータのダウンロードが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)