MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

今までエックスサーバーが最強を誇ってきましたが、最近になって MixHost(ミックスホスト) なるレンタルサーバーが台頭してきました。そこで、いちばん格安のプランに申し込んでみたので、その方法や料金などを紹介します。

早い・安い・旨いはどこかの牛丼チェーンですが、このMixHost(ミックスホスト)は、速い・安い・高性能と3拍子揃ったレンタルサーバーです。更に無料お試し期間が30日間とたっぷりとあるので、エックスサーバーとの違いを見比べるのにも十分です。

そんな次世代レンタルサーバーのMixHost(ミックスホスト)の特徴を挙げていきます。

最新のマルチCPUを使ったホームページの高速表示が可能

MixHost(ミックスホスト)では、マルチCPU+ピュアSSDのハイスペックサーバーを搭載しています。いちばん安いプランのエコノミーでは、CPUは1コアで、メモリーが512MBです。

機能 エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス
ディスク容量 SSD 10GB SSD 30GB SSD 48GB SSD 72GB SSD 96GB
CPU 1vCPU 2vCPU 3vCPU 4vCPU 5vCPU
メモリー 512MB 1GB 2GB 4GB 6GB

CPUはコア数が多いほど、たくさんのアクセスが処理できます。

日本初のHTTP/2対応サーバー「LiteSpeed」を使用

「HTTP/1.1」から16年ぶりに改訂された「HTTP/2」に完全対応したサーバーの「LiteSpeed」を日本で初めて使用しました。これは一般的に使われている「Apache」よりも、静的コンテンツは最大9倍高速、PHPは最大50%倍高速、SSLサイトは最大3倍高速なサーバーです。要するに 速くて安定している サーバーだという事ですね。

初期費用無料で月額480円から利用可能

速い・安い・高性能と3拍子揃ったレンタルサーバーのMixHost(ミックスホスト)ですが、何と 初期費用が無料 です! しかも 月額480円(税抜) から利用できます。ワンコインあればブログが運営出来るんですね。

機能 エコノミー スタンダード プレミアム ビジネス ビジネスプラス
初期費用 無料 無料 無料 無料 無料
無料お試し 30日間 30日間 30日間 30日間 30日間
12か月契約 480円/月 980円/月 1980円/月 3980円/月 5980円/月
6か月契約 530円/月 1080円/月 2180円/月 4380円/月 6580円/月
3か月契約 580円/月 1180円/月 2380円/月 4780円/月 7180円/月
ディスク容量 SSD 10GB SSD 30GB SSD 48GB SSD 72GB SSD 96GB
CPU 1vCPU 2vCPU 3vCPU 4vCPU 5vCPU
メモリー 512MB 1GB 2GB 4GB 6GB

複数のサイト運営が可能

MixHost(ミックスホスト)ではマルチドメインが無制限なので、いくつでもサイトの作成が可能になります。

  • マルチドメイン:無制限
  • メールアドレス:無制限
  • データベース:無制限
  • 転送量:無制限
  • FTPアカウント:無制限

無料独自SSL対応

先日の記事でも紹介しましたが、サイトのhttps化が無料で行えます。 https化すると、seo面で有利になるとGoogle先生も断言されています。

HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります
出典:Googleウェブマスター向け公式ブログ

markWordPressのサイトアドレスをhttpからhttpsに変えたった!★独自SSL導入♪

コチラの場合は、エックスサーバーだった為、サーバー側でSSLの追加設定が必要でしたが、MixHost(ミックスホスト)では初めからすでにSSL化された状態になっています。

MixHost(ミックスホスト)の新規登録方法

では実際に、MixHost(ミックスホスト)に登録して月額480円でサーバーを借りてみましょう。

markMixHost(ミックスホスト)

「クレジットカード不要で今すぐ30日間無料お試し!」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

いちばん安い「エコノミー」を選択。月額480円(税抜)ですね。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

MixHost(ミックスホスト)でのサブドメインを設定します。example.mixh.jp となる訳ですが、独自ドメインを使用するのであまり関係は無いですね。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

「ご注文内容の確認」ページが表示されますが、お試し期間なので当然無料です。「お客様情報の入力」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

上から

  • 苗字 名前
  • メールアドレス 電話番号
  • 会社名(任意)
  • 郵便番号 都道府県 市・区
  • 町村番地
  • 建物名

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

パスワードを入力、続けて確認用にもう1回パスワードを入力。利用規約にチェックを入れて「注文完了」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

以上でMixHost(ミックスホスト)のお試し登録完了です。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

MixHost(ミックスホスト)のマイページへのログイン方法

続いてMixHost(ミックスホスト)からメールが3通届くので、いちばん下の「ご登録完了のお知らせ」を開きます。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

「マイページ」のアドレスが記載されているので、URLにアクセスします。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

こちらが「マイページ」になります。ログインしてみると、名前を呼び捨てにされていました(笑)。ここはエックスサーバーで言えば、「インフォパネル」ですね。契約やサポートといった事務的な事を行う場所です。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

MixHost(ミックスホスト)のコントロールページへログインするには?

では一体、どこでWordPressをインストールしてブログを作成して行くのでしょうか?MixHost(ミックスホスト)では、コントロールパネル でWordPressをインストールしたりデータベースにアクセスしていく事になります。

ログイン方法は、「マイページ」の「有効なサービス」の下の「クラウドレンタルサーバー – 【30日間無料お試し】エコノミー」もしくは、サブドメインをクリックします。

「アクション」欄の「cPanelにログイン」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

続いて、ユーザー名・パスワードを入力して行きます。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

このユーザー名・パスワードはどこに記載されているかと言うと、3通目のメールの「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」を開きます。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

「ログイン情報」に記載されています。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

これがMixHost(ミックスホスト)のコントロールパネルですね。エックスサーバーで言えば、「サーバーパネル」になります。何だかアイコンがたくさんあって混乱しそうです(笑)。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

MixHost(ミックスホスト)のサブドメインでWordPressをインストールしてみる

せっかく無料のサブドメインがあるので、試しにWordPressをインストールしてみました。まずは、コントロールパネルを下にスクロールし、「Softaculous Apps Installer」欄の「Wordpress」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

WordPressのインストールページにアクセスしたので、「Install Now」をクリックします。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

ソフトウェアセットアップ

ここでは

  • プロトコルの選択
  • ドメインの選択
  • ディレクトリの選択

と選択ばかりです(笑)。

プロトコルの選択

ここでは4種類の選択がありますが、「https://」を選択しておけば良いと思います。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

ドメインの選択

こちらでは、独自ドメインを選択するのがベストです。今回はテストなので、MixHost(ミックスホスト)のサブドメインのままで設定して行きます。

ディレクトリの選択

ここではWordPressをインストールするディレクトリを選択します。デフォルトでは「WP」となっていましたが、これがあるとアドレスの中に「WP」が入ってしまいカッコ悪いです(笑)。なので、空欄で良いですね。

サイト設定

サイト名と説明文を記入します。後からでも変更可能なので、適当な名前でもOKです。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

マルチサイトを有効にする(WPMU)

「マルチサイトを有効にする(WPMU)」とは、1つのWordPressで複数のブログを管理できる機能のようです。何だか難しそうなので、チェックは外しておいた方が良さそうですね。

管理者アカウント

こちらは

  • ユーザーネーム
  • パスワード
  • メールアドレス

この3点を記入します。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

後の項目はそのままでも良いですね。最後に「インストール」をポチッと。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

あっという間にインストール完了です。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

https://example.mixh.jp がサイトURLで、https://example.mixh.jp/wp-admin/ が管理画面のURLになります。試しにサイトURLクリックしてみました。

MixHost(ミックスホスト)と契約したった!【高速・高性能・格安レンタルサーバー】

何だか画面一杯に画像が表示されるテーマのようですね。今回は、MixHost(ミックスホスト)のサブドメインを使いWordPressをインストールしたので、すぐにサイトが表示されましたが、独自ドメインを使う時はネームサーバーの設定が必要になります。

独自ドメインでWordPressをインストールする方法は コチラ へ。

まとめ

月額480円(税抜)のワンコインでWordPressが運営できるMixHost(ミックスホスト)は、かなりお得なレンタルサーバーと言えますね。初期費用は無料で始められるので、これからブログを始めたい人にはピッタリのサーバー会社です。MixHost(ミックスホスト)では、プランの変更が可能なので、サイトのアクセスが増えてきたら一つ上のプランにアップグレードする事も可能です。またその逆で、プランのダウングレードも出来ます。

アクセス数に合わせてプラン変更が出来る ので、使い勝手の良いレンタルサーバー会社です。

MixHost(ミックスホスト)で30日間のお試し体験をポチッてみる