Google アドセンスの自動広告で特定記事だけ非表示にする方法!

Google アドセンスの自動広告で特定記事だけ非表示にする方法!

2018年2月から開始されたGoogle アドセンスの自動広告ですが、あなたは利用していますか?

ポチ
サイト内の広告がクリックされるだけで報酬が貰えるサービスね。

当ブログでもようやくアドセンスの審査に合格して広告を掲載するようになりました。

関連Google AdSenseの自動広告とは? 種類や設定方法は?

この中で、特定記事だけ非表示にする方法、つまり、広告を貼りたくない記事に自動広告を非表示にする方法 を紹介していきたいと思います。

Google アドセンスの自動広告とは

Google アドセンスの自動広告とは、コンテンツを収益化する上でのシンプルで革新的な広告フォーマットです。分かり易く説明すると、ブログの<head>~</head>間に自動広告のコードを1つ挿入するだけで、高い成果が見込めるタイミングで自動的に広告が表示されます。

Google アドセンスの自動広告のメリット
  • 広告設置の手間が省けコンテンツの作成に専念できる
  • 収益がアップが見込める
  • コード1つですべての自動広告を挿入できる

そんな便利な自動広告ですが、なぜ非表示にする必要があるのでしょうか?

全てのページに自動広告が表示されると具合が悪い事も

大変便利で手軽なGoogle アドセンスの自動広告ですが、時と場合によっては、面倒な存在になります。まず、全てのページで同じ広告が表示されるという事は、投稿記事の他に、アーカイブページ・タグページ・お問い合わせページなどの低品質なページにも広告が表示されてしまいます。

ポチ
ボリュームのないページにアドセンスを貼るとポリシー違反になる恐れがあるわね…。

 

ポリシー違反の記事に広告を表示させない方法

Google アドセンスは非常に規約が厳しく、ポリシーに違反している内容の記事にアドセンスの広告を貼っていると、警告が来たり、最悪の場合アカウント停止を喰らってしまいます。

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ
引用 Google AdSense 禁止コンテンツ

自分が運営しているサイトで、居酒屋関係の記事を掲載する場合があるのですが、『まずはビールで乾杯!ウマー!』などと、写真付きで紹介しています。

今まではちょっとヤバめの記事にはアドセンスを非表示にしていました。

関連Googleアドセンスを特定の記事だけ非表示にする『Widget Logic』

 

Google アドセンスの自動広告を特定記事だけ非表示にする方法

Google アドセンスの自動広告を導入するにあたり、ポリシー違反の可能性のある記事を非表示にしていきたいと思います。

まずは、Google アドセンスのサイトから『広告』ページをクリックすると、アドセンスの自動広告を導入しているドメインが表示されています。この中で広告を非表示にしたいドメインの右端のマークをクリックしましょう。

「広告設定」ページが表示されました。ここでは「自動広告」のツマミを左にスライドさせると全ての自動広告は非表示になります。ちなみに「広告ユニットを最適化」はONに設定しておきましょう。

ポチ
全ての広告がOFFになると困るわね。

ここでは「ページ除外」をクリックしていきます。

「除外設定を追加」をクリックします。

「ページ除外の追加」欄に自動広告をOFFにしたい記事のhttps://以外のURLを入力して「追加」をクリックします。

ブログの個別記事などの場合は「このページのみ」にチェックを入れます。サブドメインなどのサイト丸ごとの場合は「このセクションのすべてのページ」を選択します。

最後に「サイトに適用」をクリックすると設定完了です。

ポチ
簡単なもんね~。

 

まとめ

手軽に設置できて収益アップが見込めるGoogle アドセンスの自動広告ですが、全てのページで広告が表示されるのがデメリットでした。

ポリシー違反かもしれないグレーゾーンの記事に、自動広告を表示させたくない場合は、『広告』をクリックして、自動広告をOFFにしたいドメインの右端のマークをクリックします。更に「ページ除外」へ進み、「除外設定を追加」をクリックして、自動広告をOFFにしたい記事のhttps://以外のURLを入力して「追加」をクリックします。最後に「サイトに適用」をクリックすると設定完了です。

今回、グレーゾーンの記事を設定前と設定後で比べてみました。

設定前

Google アドセンスの自動広告で特定記事だけ非表示にする方法!

設定後

Google アドセンスの自動広告で特定記事だけ非表示にする方法!

グレーゾーンの記事に表示されていた広告が消えました、これでGoogle アドセンスのポリシー違反にならずに済みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)