リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ここでは、リサーチパネルのポイントを換金する方法を紹介していきます。

リサーチパネルとは、アンケートに答えることによりポイントが貯まるアンケートモニターサイトで、ポイントの還元率は10ポイント=1円となっています。貯まったポイントは、現金やAmazonギフト券・iTunesギフトに交換可能です。

ちなみに、リサーチパネルでは、SSLは当然として、プライバシーマークも取得しているので、安全安心なアンケートモニターサイトと言えます。

リサーチパネルから直接ポイントの換金は不可能!?

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

リサーチパネルでは、稼いだポイントはリサーチパネルで管理されるのではなく、姉妹サイトのECナビ上のポイントとして管理されます。

ポチ
何だか複雑な気が…。

なので、ポイントの交換申請はECナビ上から行っていく事になります。

公式ECナビリサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

リサーチパネルのポイントの交換先

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

リサーチパネルのポイントを交換する方法は3種類あります。現金の他にAmazonギフト券やiTunesギフトに交換が可能になります。

交換レート 交換単位 最小交換ポイント 最大交換ポイント
PEXポイント 3,000pts.⇒3,000P 1,000pts. 3,000pts. 1,000,000pts.
Amazonギフト券 6,000pts.⇒500円分 6,000pts. 60,000pts.
iTunesギフト 6,000pts.⇒500円分 6,000pts. 60,000pts.

ポチ
現金なら300円から、ギフト券なら500円から交換可能なのね。

 

ポイントを現金化するためにはPeXに登録が必要不可欠

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

リサーチパネルのポイントをAmazonギフト券やiTunesギフトに交換する場合はECナビから直接交換申し込みが可能ですが、現金に交換する場合には、PeXポイントに交換してから現金化する必要があります。

PeXとは日本最大のポイント交換サイトで、PeXと提携しているお小遣いサイトやアンケートサイトのポイントを一つにまとめることが出来るサイトです。

ポチ
ふ~ん、ポイントの中継地点みたいなものかしら?

PeXは提携先が100カ所以上もあり、全てのポイントをまとめて、ポイントやマイル・現金に交換することが出来ます。

ポチ
ところでPeXから現金に交換する場合、手数料は取られるのかしら?

残念ながら手数料はかなり持っていかれるみたいです。

交換レート 交換手数料
楽天銀行 5,000P⇒500円 500P
ゆうちょ銀行
みずほ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
その他銀行 5,000P⇒500円 2,000P

ポチ
手数料500Pという事は50円ね、それにしても1割は高いわね…。

現金化するためには最低でも500Pの手数料を支払わなければなりません、仕方がないですね…。

 

PeXへの登録方法

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

それでは早速、PeXへ登録していきましょう。

公式Pex

ページ右上にある『会員登録』をクリックします。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

上から『メールアドレス』『パスワード』『確認用パスワード』『ニックネーム』『秘密の質問と答え』を入力し、『PeX会員規約と個人情報の取り扱いに同意する』にチェックを入れて『登録内容を確認する』をポチッと。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

『登録手続きメールを送信する』をクリックしましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

登録したメールアドレスあてにメールが届くので、登録用URLをクリックして登録を完了させましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ポチ
個人情報はメールアドレスだけだったわね。

 

ECナビからPeXへポイントを移行する方法

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

PeXへの新規会員登録も完了したので、リサーチパネルのポイントを換金していきたいと思います。初めにポイントを換金するためには、ECナビへログインを行っておきましょう。

ポチ
『ECナビ』⇒『PeX』⇒『ネット銀行』という流れね。

ページ右上のグローバルメニューにある『ポイント交換』をクリッします。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

『Pexポイント』の『交換申し込みへ』をクリックしましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ここから先は本人認証が必要になります。『本人認証をする』をポチりましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

SMSまたは音声電話を選択して、6桁の電話認証コードを受信しましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

認証コードを入力して『次へ』をクリック。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

本人認証が完了しました。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

PeXポイントに交換したいポイントを入力しましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

『交換する』をポチっと。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

以上でポイント交換が完了しました。続いてPexに移動して、ポイントが移行されたか確認してみましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

この様に、PeX上にポイントが移行されました。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ポチ
『ECナビ』から『Pex』へは手数料無料でポイントを移行できるのね。

 

PeXポイントを現金化してみよう

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ECナビからPeXへ移行したポイントを現金化するためには、銀行振り込みにする方法がベストですが、残念ながら手数料を取られてしまいます。

交換レート 交換手数料 交換予定日
楽天銀行 5,000P⇒500円 500P リアルタイム~数時間
ゆうちょ銀行 翌月25日前後
みずほ銀行
ジャパンネット銀行
住信SBIネット銀行
その他銀行 5,000P⇒500円 2,000P 翌日~1週間程度

楽天・ゆうちょ・みずほ・ジャパンネット・住信SBIネットの5銀行は交換手数料が500Pと安くなっているので、なるべく5銀行いずれかの口座を開設しておくのがベストですね。更にこの中では、交換予定日が『リアルタイム~数時間』とスピーディーな楽天銀行がお勧めです。

ポチ
この5行以外の銀行では手数料は2,000Pになるのね…。

PeXのトップページから『交換先を見つける』をクリックすると、『現金に交換する』という項目があるので、5つの銀行の内の1つを選択しましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

最小交換額は5,000Pと手数料の500Pで5,500Pですね。それでは『交換申し込みへ』をクリックしましょう。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

初めに『支店番号』『口座番号』の2点を入力します。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

交換したいポイント数を入力したら『確認画面へ』をクリックしましょう。ちなみに今回は、20万ポイント分を交換しました。手数料が50円なので、実際に銀行に振り込まれる金額は19,950円になります。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

最後に『交換する』をポチっと。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

以上でPeXから楽天銀行へのポイント交換申請の完了です。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ポチ
『リアルタイム~数時間』となっているけど、どれくらいで入金されるのかしら?

申請後すぐに楽天銀行にログインしてみると、早速入金されていました。ちなみに、振込名義は カブシキガイシヤボヤ-ジユマ-ケテイング となっていました。

リサーチパネルのポイントを換金する方法【ECナビ⇒PeX】

ポチ
速い! まさにリアルタイムね。

まとめ

リサーチパネルでアンケートに答えて獲得したポイントは、ECナビポイントとなります。なのでポイントを交換する場合はECナビから交換する事になります。

ポチ
リサーチパネルで貯めたポイントはECナビに貯まっていくのね。

ポイントを現金化する場合、ECナビでは直接換金できないので、PeXというポイントサイトを経由しなければなりません。

最終的にECナビからPeXに移行したポイントを銀行に振り込んでもらうのですが、手数料が500Pかかります(楽天・ゆうちょ・みずほ・ジャパンネット・住信SBIネットの5銀行の場合。その他の銀行では2,000P。)

最小交換額は5,000Pと手数料の500Pで5,500Pとなっています。1,000,000Pまでは500Pの手数料しかかからないので、手数料自体はあまり高くないですね。

ポチ
10万円までで50円ね。

手数料が500Pと格安な5つの銀行の中で唯一、交換予定日が『リアルタイム~数時間』の楽天銀行を利用しましたが、まさにリアルタイムで振り込まれていました、5行の中では楽天銀行がお勧めです。

最後になりますが、リサーチパネルのポイントを換金する場合、『ECナビ』⇒『PeX』⇒『銀行振り込み』という順番になります。

関連リサーチパネルって稼げるの?危険性や評判は?

楽天市場で探してみる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)