Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

Googleの検索ページを眺めていると、当ブログの記事が目に入りました。ここには『記事タイトル』『公開日』『記事説明文』が表示されているのですが、ブログの公開日が古いままのが気になりました。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

ポチ
何か問題でも?

当ブログはWordPress有料テーマのSTORK(ストーク)を使用していますが、ブログに新規記事を投稿すると公開した日が『公開日』になり、追加やリライトを行うと隣に『更新日』が表示されます。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

問題の記事『手作りパン用の国産強力粉はまとめ買いがおすすめ!』は公開日が2017年6月19日なのですが、記事の修正・追加を行い2019年5月05日に更新しています。

2019年5月05日に新しい情報を追加したのですが、Googleの検索結果に表示されるのはいつまでたっても2017年6月19日の公開日のままです。

ポチ
これじゃあ検索ユーザーに正しい情報が伝わらないわね。

記事の内容は新しくなっているのにGoogleの検索結果が公開日のままでは、なかなかクリックして貰えませんね。せっかく記事を更新したのに公開日が古いままでは勿体ないです。そこで今回は、Googleの検索結果に公開日ではなく更新日を表示させて、検索流入をアップさせるカスタマイズを紹介します。

作業に必要なもの

最初に作業を行うにあたり必要なものを準備しましょう。

作業に必要なもの
  • FTPソフト
  • テキストエディタ

 

FTPソフト

FTPソフトとは、サーバーにファイルを直接アップロードしたりダウンロードしたりできるソフトウェアです。

自分はFileZillaを利用しています。

FileZillaの使い方を徹底解説!【WordPressでFTPソフト】

2017年8月30日

 

テキストエディタ

テキストエディタとは、コンピューター上でテキストファイルを作成・編集・保存するためのソフトウェアです。TeraPadなどが有名です。

公式TeraPad 公式サイト

 

参考にしたサイト

自分はHTMLやPHPといったプログラミング言語には詳しくないので、ネットで検索をして下記のサイトを参考にしました。

 

検索結果に更新日を表示させる手順

Googleの検索結果に公開日ではなく更新日を表示させるには下記の手順で行っていきます。

手順
  1. 親テーマのsingle.phpをパソコンのデスクトップにダウンロード
  2. single.phpを編集
  3. 編集したsingle.php子テーマにアップロード
※自己責任の上でカスタマイズをお願いします。

ポチ
3ステップで完了ね。

 

親テーマのsingle.phpをパソコンのデスクトップにダウンロード

Googleの検索結果に公開日ではなく更新日を表示させる方法ですが、single.phpというファイルを編集していきます。まずはsingle.phpをパソコンのデスクトップにダウンロードしましょう。

ポチ
single.phpってどこにあるのかしら?

FileZillaを起動後、該当ドメイン名→public_html→wp-content→themes→テーマ名(jstork)と進むとsingle.phpがあるので、右クリックしてダウンロードしましょう。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

 

single.phpの編集

パソコンのデスクトップにsingle.phpをダウンロードできましたね。では次に、このsingle.phpをテキストエディタ(ここではTeraPad)に放り込みましょう。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

テキストエディタでsingle.phpを開いたら、31行目付近にある下記のコードを消しましょう。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

コードを消したら、今度は下記のコードを同じ場所に貼りつけましょう。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

コードの貼り換えが完了したらファイルの上書き保存を行います。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

以上でsingle.phpの内容が編集されました。

 

編集したsingle.phpを子テーマにアップロード

内容を編集したsingle.phpを元に戻すのですが、親テーマではなく子テーマにアップロードしていきます。

ポチ
子テーマ? 元の親テーマではなく?

WordPressをカスタマイズする場合は、必ず子テーマをカスタマイズしていきましょう。親テーマをカスタマイズした場合、テーマのアップデート時に上書きされてしまい、せっかくカスタマイズしたものが消えてしまいます。

という訳で、該当ドメイン名→public_html→wp-content→themes→テーマ名(jstork_custom)にアップロードしていきます。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

 

STORKの場合はfunctions.phpへのコードの追加は必要なし

参考サイトの寝ログさんではfunctions.phpへのコードの追加が必要でしたが、WordPress有料テーマSTORKの場合は、デフォルトでコードが記述されています。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

なのでコードを追加する必要はありません。

ポチ
functions.phpをいじらなくて良いのね。

※ストーク以外のテーマを使用している場合は下記のコードをfunctions.phpに追加して下さい。

参考寝ログ

 

single.phpを編集するとブログの『公開日』『更新日』表示はどうなる?

single.phpを編集して公開日よりも更新日を優先させた場合ですが、一度でも更新した場合は公開日は表示されなくなります。

ブログで記事を新規公開した場合、公開日が表示されますね。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

この状態で一度でもブログ記事を更新した場合、single.phpを編集する前は『公開日』と『更新日』の両方が表示されていましたが、single.php編集後は『更新日』のみが表示されます。

翌日に記事を更新してみると、『公開日』が消えて『更新日』だけが表示されました。

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

 

全ての日付が変更される訳ではない

今回、single.phpを編集して、Googleの検索結果に公開日ではなく更新日を表示させました。この方法を行えば公開日を更新日に変更する事が出来ますが、全てのブログ記事の公開日が変更される訳ではないです。

ポチ
全ての記事が更新日表示になる訳ではないのね…。

ほとんどの記事が更新日表示になりましたが、公開日のままの記事や、中には日付自体が消えてしまった記事もありました。

更新日に変更された例

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

公開日のまま変わらなかった例

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

公開日・更新日が共に消えた例

Googleの検索結果に更新日を表示させて検索流入をアップさせる

 

まとめ

今回は、Googleの検索結果に『公開日』ではなく『更新日』を表示させる方法を紹介しました。

『更新日』を表示させる手順
  • STEP1
    親テーマのsingle.phpをパソコンのデスクトップにダウンロード

    FTPソフトを起動させて、親テーマにあるsingle.phpをローカルに保存します。

  • STEP2
    single.phpを編集

    single.phpをテキストエディタで開き、31行目付近にあるコードを書き換えてファイルを上書き保存します。

  • STEP3
    編集したsingle.phpを子テーマにアップロード

    内容を編集したsingle.phpを子テーマにアップロードします。

  • STEP4
    functions.phpへコードの追加(ストークの場合は必要なし)

    ストーク以外のテーマを使用している場合は、functions.phpにコードを追加して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)