鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

天然鯛のアラが1パック198円(税抜)で売られていたので、思わず2パック購入、鯛あらの煮付け を作ってみました。

あらの煮付けというと、難しそうに思えますが、魚の下処理さえ行っておけば、後は煮付けるだけなので、比較的簡単に作れてしまいます。

スポンサーリンク

煮魚の調味料の黄金比を調べてみた!

魚を煮付ける場合、調味料の比率が重要になります。醤油や砂糖を適当に加えて煮てしまうと、味が薄すぎたり、反対に塩辛くて食べれなくなってしまいます。せっかく煮魚を作るのに失敗だけはしたくないので、ネットで調味料の比率を検索してみました。

『煮魚 黄金比』で調べると、参考になりそうなサイトを発見しました。

参考絶対失敗しないキンキの煮付けを板前さんから教わったよ!

こちらのサイトによると、水:酒:みりん:砂糖:醤油は5:5:2:2:2という事でした。この黄金比でも良いのですが、もう少し味付けを濃くして、甘さを抑えたいので、水:酒:みりん:砂糖:醤油は5:5:2:1:3で仕上げていく事に。

 

鯛あらの煮付けの材料は?

煮汁の黄金比率も分かったので早速、鯛あらの煮付けを作っていきましょう。材料は至ってシンプルで、鯛あらとごぼう・生姜のみ。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

材料
  • 鯛あら 2パック
  • ごぼう 適量
  • 生姜  1かけ
  • 水   1カップ
  • 酒   1カップ
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖  大さじ1
  • 醤油  大さじ3

 

鯛あらの下処理は?

いちばん最初にやかんにお湯を沸かして、鯛あらをサッと霜降りにしていきます。流しに鯛あらを並べて熱湯で霜降りにしていきます。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

鯛あらをすべてひっくり返して、もう1回熱湯を振りかけます。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

鯛あらの鱗・血合い・汚れなどを流水で丁寧に洗い流します。このひと手間で鯛が綺麗になりました。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

 

鯛あらの煮付け方法は?

後は鯛あらを煮込んでいくだけなのですが、なるべく底が広くて浅い鍋で煮付けていくのがベストです。鍋に高さがあるとひっくり返す時にバラバラになる可能性があります。今回はフライパンを使いました。

フライパンに水・酒を1カップずつ、砂糖大さじ1杯、みりん大さじ2杯、醤油大さじ3杯を入れて、生姜のスライスを放り込んで火にかけます。煮汁が沸騰したら鯛あらを並べていきます。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

鯛の周りにごぼうを入れて、アルミホイルで落し蓋をして強火で煮込んでいきます。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

しばらく煮込んでいき、ある程度火が通ったらひっくり返して5分ほど煮込んでいきます。途中でおたま等で煮汁をすくい、上からかけていきます。あまり煮込みすぎると身が固くなるので、煮込みすぎは厳禁です。煮汁が沢山残っている状態で器に盛りつけて、煮汁を煮詰めていき、最後に上からかけると良いです。

以上で鯛あらの煮付けの完成です。

鯛あらの煮付けを作ったった!【黄金比率で簡単調理】

甘辛く煮付けてあるので、酒のツマミにも合うし、ご飯のおかずにもピッタリですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)