WordPress最初の見出し(H2)手前にアドセンスを設置する方法 

WordPressブログの最初の見出し(H2)手前にGoogleアドセンスを設置する方法 

今回は、WordPressの最初の見出し(H2)手前に、Googleアドセンスを設置する方法 を紹介していきたいと思います。

最初の見出し(H2)の手前にアドセンスを貼れば、クリックされる確率が高いというデータが出ているので、ぜひ設定しておきたいですね。

ポチ
ブログの出口になる可能性もあるわね。
スポンサーリンク

STORK(ストーク)には最初の見出し(H2)の手前に導入できない

当ブログは、WordPress有料テーマの STORK(ストーク)を使用しています。

無料テーマを使用していた時に比べて、カスタマイズ等を行わなくても良いので、記事作成に力を注げています。もちろんGoogleアドセンス等のクリック型課金広告も、パソコン用とスマホ用で別々に設定できるウィジェットもあり簡単に導入できる優れたテーマです。

ただ一つ、STORK(ストーク)では最初の見出し(H2)の手前に広告を導入できるウィジェットがありません。記事ごとに1つずつ手作業でアドセンスを貼りつけるしか方法がありません。

ポチ
!?

せっかく有料テーマに変更したのに、そんな面倒な事はやってられませんね。そこで、コピペ1発で簡単に最初の見出し(H2)の手前に広告を導入する方法を紹介します。

STORK(ストーク)の広告を貼りつけられるウィジェット

まず、STORK(ストーク)のウィジェットに広告を貼りつけてみると、記事タイトルの下、SNSボタンの真下に表示されました。

WordPressブログの最初の見出し(H2)手前にGoogleアドセンスを設置する方法 

WordPressブログの最初の見出し(H2)手前にGoogleアドセンスを設置する方法 

この位置がなぜ良くないのかと言いますと、あまりにも上過ぎる事です。まだブログを1行も読んでいないのに広告があれば、ブログ訪問者に良い印象を与えないですね。

一方、ワタシが以前使っていた無料テーマのSimplicityでは、最初の見出し(H2)の手前に広告を簡単に導入できます。

WordPressブログの最初の見出し(H2)手前にGoogleアドセンスを設置する方法 

WordPressブログの最初の見出し(H2)手前にGoogleアドセンスを設置する方法 

広告を最初の見出しの手前に置くことにより、ブログ訪問者が記事の書き出しを読んで、ブログから離脱する時の出口になる可能性 が出てきます。なのでクリック率が高くなるのですね。

最初の見出し(H2)手前に広告を設置できるウィジェットの導入方法

以下の手順で行います。

導入方法
  • functions.phpにコードの貼り付け
  • ウィジェットから広告コードの貼り付け

functions.phpにコードの貼り付け

functions.phpをイジるので、あらかじめファイルのバックアップを行なっておいて下さい。失敗するとブログが真っ白になってしまいます。

FTPソフトを開き、対象ドメインの子テーマ、ここでは「jstork_custom」の「functions.php」をローカルにダウンロードし、TeraPadでファイルを開き下記のコードを追加・上書きします。あとはファイルをアップロードしてやると良いですね。

これでウィジェットに「投稿本文中」というエリアが現れました。

ウィジェットから広告コードの貼り付け

新しく出現した「投稿本文中」に広告を貼りつけるだけです。

以上でブログの最初の見出し(H2)手前に広告が挿入されました。

まとめ

今回は、WordPressブログの最初の見出し(H2)手前に、Googleアドセンスを設置する方法を紹介しました。コピペ1発でウィジェットを設置できる簡単な方法です。なお、Googleアドセンス以外にも、画像や表等、H2手前に任意のものを表示することが可能です。

ポチ
これでクリック率がアップすれば良いわね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)