間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

今の時代の家は、LDK(リビング、ダイニング、キッチン)が1つになっていて、とてもオシャレですね。我が家もリビング、ダイニング、キッチンが1つの部屋になっています。おそらくは14畳から16畳の広さです。

しかし、真夏の暑い時や、真冬の凍える様な時期は冷暖房に時間がかかります。何より電気代が高くなりますね。そこで1つになっているLDKを2つに分けてやろうと考えました。幸い、我が家はリビングとダイニングの間にカーテンレールがあり、カーテンを吊るすと部屋が分かれる仕組みになっていました。

リビングとダイニングをカーテンで2つに区切れば、半分の電気代で快適に過ごすことが出来ます。そこでカーテンを自作する事になりました。

フラット(ヒダなし)カーテンの作り方

いきなり初心者がカーテンを作れる訳もないので、簡単に作れるフラットカーテンを作ります。いわゆるヒダなしカーテンですね。ヒダがない分だけ初心者でも簡単に自作することが出来ます。

簡単に説明すると、ヒダを作成してカーテンフックを差し込む代わりに、フラットテープを縫い付けて、その中の穴にカーテンフックを入れていきます。なので、ヒダがないフラットな仕上がりになります。

フラットカーテンのメリット

フラットカーテンを導入する最大のメリットは、作成が簡単 な事です。ヒダが無い分だけ手早く作ることが出来ます。極端な話、上下左右の4か所をミシンで縫えば出来てしまいます。

もう一つは、少ない記事幅で作成が可能 な点です。2倍ヒダでは生地は倍以上使いますが、フラットカーテンなら生地幅は1.1倍でも作れてしまいます。なので製作費が安くあがります。

フラットカーテンのデメリット

フラットカーテンには当然ヒダが無いので、見栄えが悪い点がデメリットでしょう。なので、出来れば絵柄がある生地で作成するのも良いかもしれないですね。

フラットカーテン自作に必要な材料

フラットカーテン作りに必要な材料です。ミシンとアイロンは必須なので省きます。

  • カーテン生地
  • フラットカーテン用芯地
  • フラットカーテン用アジャスターフック
  • おもり

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

フラットカーテンの作り方①カーテン生地の寸法を計算する

いちばん最初にカーテン生地の寸法を測っていきます。

pointカーテンの横幅はレールの長さの1.1倍から1.3倍

カーテンレールの幅を測り、そこから1.1倍から1.3倍の長さの生地を使います。個人的には1.1倍でも十分だと思います。

pointカーテンの丈はカン下から床までの長さのマイナス1㎝プラス縫い代分50㎝

カン下(カーテンフックを吊るす穴)から床までだと少し長いので1.2㎝短くします。そこに縫い代の3つ折り分50㎝をプラスします。

我が家のカーテンレールの寸法を測ると、横幅=285センチ、丈=206センチでした。なので、実際の使用する生地の大きさは、横幅が313センチ~370センチ、丈が255センチになります。

フラットカーテンの作り方②はぎ合わせ

部屋の間仕切りカーテンなので、たいへん大きなカーテンになります。当然カーテン生地1枚では横幅が足らないので、はぎ合せる必要があります。

カーテンレールの横幅が285センチなので、最低1.1倍で仕上げても313センチ必要になります。ここで問題発生!カーテン生地を313センチ購入した場合、150センチ幅の生地が3枚必要になります。何故かと言うと、一般的にカーテン生地は、横の長さが150センチで売られています。横幅150センチ×丈100センチで700円の生地なので、 生地を2枚はぎ合せるのと3枚はぎ合せるのでは、2千円近く生地代が違ってきます。

ここは生地代を節約して、2枚はぎ合せで作る事になりました。出来上がり幅が285センチに対して、300センチの生地を使うので、1.05倍しか余裕がありません。

生地を中表で合わせます。表の生地同士を合わせる事ですね。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

普通のミシンでは、端を3つ折り等の処理をしてから縫い合わせると良いです。自分はロックミシンで端を切り落としながら縫い合わせました。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

フラットカーテンの作り方③フラットテープの縫い付け

無事ドッキングも成功したので、今度はカーテン生地の上部を3つ折りにしてフラットテープ(フラットカーテン用芯地)を縫い付けていきます。

最初にフラットテープの幅プラス1㎝を折り返します。フラットテープが7.5センチなので折り返し幅は8.5センチですね。この時アイロンを当てておくと、後々楽になります。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

もう一回折り返します。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

カーテンの上部から1センチ、横から5センチの所にフラットテープを縫い付けます。この時、カーテンフックを入れる穴の向きに注意が必要です。下の手前に穴が来るように縫い付けます。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

赤線の部分をミシンで縫います。ここでの注意点は、カーテンフックを入れる穴の下を縫う事です。穴の上を縫ってしまうとカーテンフックが入りません(笑)。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

こんな感じで縫い付け完了です。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

フラットカーテンの作り方④丈の処理

今度はカーテンの丈を処理して行きます。最初にフラットテープにアジャスターフックを入れていきます。大体12センチ間隔が理想とされています。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテンを付ける前はこんな感じ。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

間仕切りカーテンを吊るしました。横幅の生地が足りないかと思いましたが、何とかいけそうです。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

丈の調節をしていきます。床から1センチ上の所に印を付けておきます。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

3つ折りにしてアイロンを当てておきます。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

点線をミシンで縫います。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

こんな感じで綺麗に縫えましたね。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

フラットカーテンの作り方⑤両端の処理

いよいよ間仕切りフラットカーテン作りの最終段階になりました。両端の生地の処理を行います。3つ折りにしてミシンをかけるだけですが、中に重りを仕込みました。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

点線部分をミシンで縫います。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

以上で間仕切りカーテン(ヒダなし)の完成です! 両端が1センチほど足らない感じですが、気にならない程度ですね。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

反対側から見た感じ。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】

今回は横幅の生地をケチりましたので、遊びのないギリギリの仕上がりになりました。

間仕切りカーテン(ヒダなし)を作ったった【簡単DIY】[contact-form][contact-field label=

まとめ

ヒダを計算して作成する必要が無いので、ミシンさえあれば比較的簡単に作れると思います。今回は間仕切りカーテンを作ったので大がかりになりましたが、小窓のカーテンならばあっという間に完成出来ると思います。

カーテン上部を3つ折りにしてフラットテープの縫い付け、丈と横幅の処理だけなので、手順も簡単です。何より自分でつくるので費用が安く済むのが良いですね。