ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

昨年末にノートパソコンを購入したのですが、毎日使用しているとキーボードに埃や食べかすが貯まって汚くなってしまいました。

これではいけないと思い、キーボードカバーを購入する事にしましたが、生憎ピッタリのカバーを見つけることが出来ませんでした。

そこで、フリーカットが可能なキーボードカバーを購入して、ノートパソコンの大きさにカッティングしていく事になりました。

スポンサーリンク

キーボードの掃除が大事

いちばん最初はキーボードの掃除です。汚れているままカバーを掛けるのは性格的に我慢なりません(笑)。なるべく綺麗に掃除しておきます。

パソコンの埃を掃除する時に便利なのがエアダスターです。頑固な誇りもシュッとひと吹きで吹っ飛ばしてしまいます(笑)。

これであっという間にキーボードが綺麗になりました。ついでにファンの排気口も掃除しておきました。

 

キーボードカバーを開封したった

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

今回購入したのは、ERECOM製キーボードカバーのピタッとシートPKU-FREE2です。1,000円でお釣りがくる位の安さです。

早速開封、ところが折りたたんであったので、変なところに折れ目がついてしまいました(笑)。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

 

カッティング

ノートパソコンの上にカバーを置いて、カットする位置に印を入れていきます。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

印を付けた所を縦横2か所カットしていきます。はさみで切りづらい場合はロータリーカッター45mmを使うと綺麗にカットできます。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

こんな感じでノートパソコンのキーボードの大きさにカット出来ました。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

 

キーボードカバーの貼りつけ

最後の段階キーボードカバーを貼りつけていきましょう。剥離紙からカバーを外すのですが、これが結構やり辛いです(笑)。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

剥離紙から3分の1程度カバーを剥がし、ノートパソコンの端にあて、右手でしっかりと押さえて剥離紙をゆっくりと剥がしていきます。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

ノートパソコンのキーボードカバーフリーカットタイプを購入してみた。

ややたるみがあるような感じの仕上がりですが、使っていく内にフィットしていくと思います。

 

まとめ

使い心地に関しては、全く問題がありません。なんせ厚さが0.15ミリなので、違和感やキーが打ち辛いという事はないですね。逆に厚みが無いので右手の袖がカバーに引っかかってめくれてしまう場合があります。薄すぎるのも良し悪しですね(笑)。

裏面は適度な粘着性があると書かれていますが、乱暴に扱うとカバーがずれる恐れがありますね。まあ普通にキーボードを打つ分には大丈夫ですが。

昨年の12月に分割払いで購入したパソコンなので、大事に利用していきたいです。その点、今回キーボードカバーを付けたことは大きなプラスになると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)