象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】レビュー

象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】レビュー

象印のマイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】のレビューを行いたいと思います。

このCV-GB22-TAの特徴として、905Wのハイパワー電力で「スピード沸とう」が可能になっているので、朝の寝起きに短時間でお湯が沸かせます。

また、電気で沸かして魔法瓶と組み合わせる事により消費電力が抑えられる仕組みになっています。

ポチ
朝のバタバタしている時に早くお湯が沸くのは助かるわね。

更に操作パネルが大きな文字で表示されており、お年寄り向けに使い易くなっているのもポイントです。

象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】とは

象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】は象印が販売する真空断熱層(まほうびん)を使用した電気ポットです。

この象印 マイコン電気ポットCV-GB 優湯生には3つの容量があり、それぞれの型番が「CV-GB22」「CV-GB30」「CV-GB40」とに分かれています。

型番 容量
CV-GB22 2.2リットル
CV-GB30 3.0リットル
CV-GB40 4.0リットル

今回は型番が「CV-GB22」の2.0リットルタイプの電気ポットのレビューになります。

ポチ
一番小さいタイプね。

象印 マイコン電気ポット【CV-GB】の商品仕様

ここでは【CV-GB】の容量別商品仕様を調べてみました。

品番 CV-GB22 CV-GB30 CV-GB40
容量(リットル) 2.2 3.0 4.0
消費電力湯沸かし時(W) 905
年間消費電力量(kWh/年) 236 273 317
1日あたりの消費電力量(kWh/日) 0.65 0.75 0.87
品番 CV-GB22 CV-GB30 CV-GB40
年間電気代 約6,400円 約7,400円 約8,600円
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm) 22×29.5×26 22×29.5×30 22×29.5×35
質量(約kg) 2.7 3.0 3.2

CV-GB22-TAを開封してみる

我が家へ届いたCV-GB22-TAはこんな感じ。

早速開封してみました。中に入っていたものは3点だけでした。

電気ポット付属品
  • ポット本体
  • コード
  • 取扱説明書
ポチ
保証書が入っていないわ!

取扱説明書の裏が保証書になっています、購入した店舗と購入日を記入して大切に保管しましょう。

正面から見ると、かなり安定感がありそうですね。

蓋を開けてみましたが、昔と変わらないシンプルな構造になっています。

ポチ
何だか新鮮味がないわね…。

CV-GB22-TAでは上蓋が取り外せるように作られています。これなら上蓋の丸ごと水洗いも可能ですね。

ポチ
やはり進化しているのね(笑)。

使い初めに気を付ける事は?

初めてCV-GB22-TAを使用する場合の注意点があります。最初に満水表示まで水を入れましょう。

象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】レビュー

蓋を閉じてコンセントを差し込むと、自動的に湯沸かしが始まります。

湯沸かしが完了するとメロディーが鳴り、自動的に保温が開始されます。ちなみに、湯沸かし完了までの時間は容量によって変わってきます。

2.2リットル 約19分
3.0リットル 約24分
4.0リットル 約31分
室温23℃、水温23℃、満水の場合。※カルキ飛ばしの時間(沸とう後約4分)含む。

次に、湯の通り道をすすぐため、ロック解除を押してから給湯を押して、約1リットルの湯を注いだ後、残り湯を捨ててから使用して下さい。※容器ネットは必ずとりつけてください。

何分くらいでお湯が沸くのか実験してみた!

ここでは、象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】は何分くらいでお湯が沸くのか実験してみました。

ポチ
いちばん容量の小さい2.2リットルタイプね。

現在の季節は真冬の12月中旬、室温が14℃から15℃くらいの環境下で満水状態のCV-GB22-TAの沸とうにかかった時間を測定してみました。

結果は20分間でした。沸とうが完了するまで約16分間で、ここからカルキとばしに約4分間の合計20分でした。

ポチ
浄水した水なら16分間で使用できるわね。

象印 マイコン電気ポット【CV-GB】のおすすめポイント

ここでは、【CV-GB】のおすすめポイントを挙げていきたいと思います。

【CV-GB】おすすめポイント
  • まほうびん保温
  • 905Wのスピード沸とう
  • 操作パネルが見やすい
  • 沸とうセーブ
  • 省エネモード
  • ゆっくりカフェドリップ給湯
  • 5段階節約タイマー
  • ワイドウインドウ」「ピタッと赤玉水量計」
  • 内容器水量目盛
  • カルキとばし沸とう
  • お知らせメロディ-
  • クエン酸洗浄コース(3秒押し)
  • センター給湯ボタン
  • マイコン空だき防止
  • 傾斜湯もれ防止構造
  • 転倒湯もれ防止構造
  • 自動給湯ロック
  • 広口容器

まほうびん保温

お湯を電気で沸かしてまほうびんと組み合わせる事により、かしこく保温ができ消費電力を抑える事が出来ます。

出典:https://www.zojirushi.co.jp/

「まほうびん保温」を選択すると、湯沸かし完了後にヒーターへの通電(保温機能)が停止し、まほうびん機能によって保温されます。

まほうびん保温に設定した場合の湯温

湯沸かし完了から 2時間後 4時間後 6時間後
2.2Lの場合 約88℃ 約78℃ 約70℃
3.0Lの場合 約91℃ 約83℃ 約77℃
4.0Lの場合 約94℃ 約87℃ 約82℃
室温23℃、満水の場合。容器中央部の測定値

905Wのスピード沸とう

お湯が早く沸くので、忙しい朝や料理の下ごしらえに役に立ちます。

ポチ
お湯が沸くまでどれくらいかかるのかしら?

容量によって違いがありますが、取扱説明書には以下の時間が記載されています。

2.2リットル 約19分
3.0リットル 約24分
4.0リットル 約31分
室温23℃、水温23℃、満水の場合。※カルキ飛ばしの時間(沸とう後約4分)含む。

見やすい操作パネル

文字を大きくして見やすくする事で、より使い易さがアップしました。また、液晶パネルが大型でくっきりと見やすいです。

沸とうセーブ

沸とうさせることなく設定した温度(70℃・80℃・90℃)まで沸かして保温する事で、湯沸かし時間・消費電力量・蒸気発生を抑えられます。

出典:https://www.zojirushi.co.jp/

ちなみに、この機能は浄水器などで濾過した水道水など、カルキを飛ばす必要がない場合におすすめの機能です。

省エネモード

2時間操作がない場合は自動で保温ヒーターがOFFになり、消費電力を抑えます。

出典:https://www.zojirushi.co.jp/

また、70℃までお湯の温度が下がると70℃保温が開始されます。※80℃・90℃・98℃保温設定時に選択可能。

ゆっくりカフェドリップ給湯

コーヒーなどを入れる場合にお湯をゆっくり少量で注げるので非常に便利です。使い方はロック解除ボタンを2回押すだけです。

5段階節約タイマー

5段階のタイマー付き(6・7・8・9・10時間)で省エネが可能です。

「ワイドウインドウ」「ピタッと赤玉水量計」

お湯の残量がとても見やすくなっています。

内容器水量目盛

必要な量だけ沸かし易いように、内側に目盛りが付いています。

カルキとばし沸とう

沸とうさせることでカルキ臭をとばします。

お知らせメロディ-

お湯の残量が500mlになるとブザーが鳴ります。

クエン酸洗浄コース(3秒押し)

ピカポット(別売)などを使い本体洗浄が可能です。

センター給湯ボタン

給湯ボタンがポットのセンターにあるので押しやすいです。

マイコン空だき防止

空だきを検知して自動で電源が切れます。

傾斜湯もれ防止構造

ポットを傾けた際に湯もれを抑えます。

転倒湯もれ防止構造

転倒した際の湯もれを抑えます。

自動給湯ロック

お湯を注がない場合には、約10秒後に自動でロックがかかります。

広口容器

ポット自体が広口で手入れが楽チンです。内容器はフッ素加工。

【CV-GB22-TA 優湯生】を使ってみた感想

今回、【CV-GB22-TA 優湯生】を購入しましたが、良かった点や気になった点を挙げていきたいと思います。

使ってみて良かった点

CV-GB22-TAでは高さが26㎝とそれほど高さもなく、こじんまりとしているので、置き場には困りません。台所のテーブルの上や、リビングの台の上にも手軽に置くことが出来ます。

ポチ
あまりスペースを取らないわね。

お湯が沸とうするまでの時間ですが、2.2リットル満水で約20分ですが、20分というのは少し微妙ですね。

朝起きてコーヒーを入れる場合にガスなら10分くらいで沸とうするので、ガスの方がスピーディーな気がします。

ポチ
電気ポットは満水を沸とうさせるので、どうしても時間がかかるわね。

電気ポットの場合は1回沸とうさせておけば、お茶やコーヒー・カップラーメンなどにすぐにお湯を入れることが出来るのがメリットですね。

CV-GB22-TAは年間の電気代が約6,400円とかなり省エネになっているのが大きな特徴です。冬の間しか使わない場合は更に安くなりますね。

ポチ
かなり電気代を節約できるわね。

またCV-GB22-TAでは「省エネモード」という機能があるので、外出中も電源を切る事無く省エネ運転してくれます。

その他気づいた点では、我が家の場合では年寄りが住んでいるので、パネルが見やすくて操作しやすいのが最大のメリットです。

「ロック解除」→「給湯」とスムーズに進むことができます、文字が大きいのも特徴ですね。

使ってみて気になった点

CV-GB22-TAを使ってみましたが、使いづらいとかいう事はありませんが、気になった点が1つ、コードがかなり短い事です。

コードの長さを計ってみると、約110㎝でした。これではコンセントの近くでしか使用できません、せめて2mは欲しかったですね(笑)。

後は容量の問題ですね、CV-GB22-TAは2.2リットルですが、家族2人で使用するのが限界だと思います。家族が3人以上いる場合は容量が3.0リットルか4.0リットルのものをお勧めします。

ポチ
何回も沸かすのは勿体ないわね。

蒸気レスのタイガー電動ポット「とく子さん」と迷ったが「CV-GB22-TA」を購入

実際にヨドバシカメラまで行って電気ポットを見て回ったのですが、最初はタイガー電動ポット「とく子さん」を購入しようと思いました。

ポチ
蒸気レスに惹かれたのね。

ただ操作パネルが複雑でちょっと使いづらい感じがするんですね。

我が家では老人がポットを使用するので、操作パネルが簡単で見やすいCV-GB22-TAを購入しました。

ポチ
シンプルが一番ね。

まとめ

今回は、象印 マイコン電気ポット【CV-GB22-TA 優湯生】のレビューを行いました。

2.2リットルの容量のCV-GB22-TAは満水状態で沸とうするまで約20分です。浄水の場合、沸とうさせなければもう少し早く使用できると思います。

ワタシ的に、電気ポットはシンプルで使いやすいのが一番だと思います。その点CV-GB22-TAは省エネタイプで905Wのハイパワーで操作もしやすく、総合的に見ても非常に優れた電気ポットと言えますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)