日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

今年の夏も物凄く暑くなりそうですね~、梅雨が終わると本格的な夏がやってきますが、クーラーは電気代がかかるので、最後の手段に取っておきたいですね、そうなると活躍するのが扇風機になります。

そこで、日立製扇風機のDCモーターを使用しているHEF-DC70を購入したので、レビューを行いたいと思います。なお今回、初めてDCモーターを購入してみたので、DCモーターとは何か、ACモーターとの違いについても調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

DCモーターとは? メリットやデメリットは?

ひと昔前までは主流だったACモーター扇風機ですが、近年はDCモーター扇風機に取って代わりつつあります。このACモーターとDCモーターの違いは何かを調べてみました。

動作の違い
  • ACモーター=交流電源
  • DCモーター=直流電源

ACモーターは交流電源で動作しますが、DCモーターは直流電源で動作します、ここが最大の違いですね。なので、直流電源で動作するDCモーターは、ACモーターに比べて様々なメリットがあります。

 

DCモーターのメリット

DCモーターのメリットは主に下記の3点になります。

DCモーターのメリット
  • 静音設計
  • 風量調整の細かさ
  • 電気代が安い

 

静音設計

DCモーター扇風機は5枚~8枚の羽根を使用しており、静音性を高めています。しかし、『中』や『強』にするとかなりの音になりますね。

 

風量調整の細かさ

ACモーター扇風機では風量調節は主に3段階です。自分が現在使用している大昔の扇風機も『ソフト』『中』『強』の3段切り替えになっていました。

日立制扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

ところがDCモーター扇風機は最低でも4段階の風量が調整でき、『微風』や『おやすみモード』などの調節が可能になっています。

 

電気代が安い

DCモーター扇風機の最大のメリットは消費電力が低いことです。ACモーター扇風機に比べても電気代は約半分と言われています。

 

DCモーターのデメリット

DCモーターのデメリットと言えば、価格が高い事です。楽天市場のDCモーター扇風機で、レビューの件数が多い順に見ても、何万円もする物がありますね。

一方のACモーター扇風機は、安価な物では3,000円でお釣りが来ます。

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』を開封したった!

今回ポチッたのは、日立製扇風機のHEF-DC70です。この機種を選んだ理由は、Amazon.co.jpのリビング扇風機の売れ筋ランキングで、8位にランクイン(2018年7月当時)しており、価格が1万円以内と手頃だったため購入しました。

注文当時は在庫切れでしたが、4日後に我が家に到着しました。最近の扇風機は組み立て式が多い中、HEF-DC70は組み立てられた状態で届きました。物凄く大きいです(笑)。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

いざ開封!

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

中身はシンプルに、扇風機本体とリモコン・取り扱い説明書の3点です。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の大きさは?

最初にHEF-DC70の全長を計ってみました。

首を最大限延ばした状態

HEF-DC70の首を目一杯延ばした状態で、全長を計ると90㎝でした。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

首を縮ました状態

首を縮めた状態では72㎝ですね。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

次に、横幅を計ってみると、35㎝という結果に。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の重さは?

今度はHEF-DC70の重さを計ってみようと思いましたが、これだけの大きさの扇風機を体重計に乗せるわけにはいかないので、Amazon.co.jpの販売ページで調べてみると、本体重量は2.9kgとの事でした。ペットボトル1.5本分と超軽量仕様ですが、土台が大きい分グラグラせずに安定感がありますね。

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の羽根は8枚

8枚羽根の特徴は、羽根の数を8枚にする事で、風の送り出す間隔を短くし、風の切れ目の少ないやさしい風を作り出すことが出来ます。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の消費電力は?

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の消費電力について調べてみると、最大21W、最小1.7Wという結果でした。

『HEF-DC70』の消費電力
  • 風量最小運転時(首振りなし) 1.7W
  • 風量最大運転時(首振りあり) 21W

風量最大運転で1日8時間使用した場合の1か月の電気代を計算してみました。こちらのサイトを使わせて貰い計算してみると、約136.08円でした。1日中付けっぱなしにしていても、408.24円と、かなり安いですね。

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の特徴は?

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

次に、日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の特徴ですが、下記の通りです。

『HEF-DC70』の特徴
  • 風量6段階
  • 首振りは75°
  • 切タイマーは最長6時間
  • 減灯&消音
  • チャイルドロック

 

風量6段階

『微風(うちわ風)』から『強』まで6段階の切り替えが可能です。就寝時に『うちわ風』を使ってみましたが、ひんやりした微風が心地よかったです。

 

首振りは75°

首振りの角度は約75°です。これは一般的な角度ですね。

 

切タイマーは最長6時間

1・2・4・6時間後の4段階で切タイマーが設定できます。就寝時などは6時間のタイマーが便利ですね。

 

減灯&消音

減灯&消音機能を搭載し、設定すると表示部が暗くなり、操作音が消えます。

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』レビュー

しかし、この機能はあまり使い道がないような気がしますが(笑)。

 

チャイルドロック

チャイルドロックとは、赤ん坊やペットが扇風機の設定を変えてしまわないようにロックがかけられる機能です。『減灯&消音』ボタンを3秒間長押しすることで設定できます。

 

日立製扇風機DCモーター『HEF-DC70』の音はどれくらい?

静音性が売りのDCモーター扇風機ですが、HEF-DC70の動作音はどれくらいなのかを実際に動画撮影してみました。

うちわ風の『微』は当然ながら静かですね、2番目もかなりの静音ですが、3番目くらいからは少し気になりますね。

 

まとめ

今回は、日立製DCモーター扇風機のHEF-DC70を購入しました。DCモーター製なので、値段は割高になってしまいましたが、消費電力がACモーターに比べて約半分なので、月々の電気代を抑えることが出来ます。基本的にリモコン1つで操作可能なので、いちいち扇風機まで行かなくてもよいので楽ですね。

重量が約2.9kgなので、苦痛なく持ち運びできるのも大きな特徴です。軽いからと言って、安定性も悪くはありません。

これから暑い夏を迎えるので、扇風機は必需品になりますね。

公式Amazonリビング扇風機の売れ筋ランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)